機内食
バンコクの夕暮れ
3/3(Sat)20:40(日本時間)

今日、日本から出発して8時間を越えた所だ。途中バンコクを経由して先ほどデリーへ向けて飛行機が再出発した。あと2時間もすればデリー空港に着くわけだが、一体どんな洗礼を受けるんだろう。インドに行ったことのある友達に、「インドに行く前と後で日記をつけろ」と行く前に言われ、今こうして書いているわけだが、正直そんなに変化するものなのだろうか・・・。

23:24(以下インド時間)

着いた。いきなりどうしていいか分からなくなる。とりあえず現金100ドルをルピーに換金して4350ルピーゲット。その後タクシーを使ってニューデリーの駅まで着く。そのまま何故か胡散臭い旅行会社に連れて行かれる・・・。何でも今はホーリーと呼ばれるインドで1番でかい祭りをやっていて、ホテルはどこも高いので、こっちでデリー→アーグラー→バラナシ間のホテル、鉄道、観光料を安く出してくれるらしい。あまりにも胡散臭い。無駄に高かったが、もはや自分達は疲れきっていたので結局155ドルで手を打ってしまった・・・。明日は6時おきでアーグラーへ行けるわけだ!ともかく!!
デリーの裏道
オートリキシャー
3/4(Sun)19:05

今朝は結局13時にアーグラーに向かうことになったので、フロントでサモサとチャイを頼んで、部屋で朝食として食べた。今日もホーリーなので相変わらず外には出れず、屋上から外を見ようとしたらガンガンに酔っ払ったホテルのボーイに色の粉で洗礼を受ける。中でもあぶねえじゃねえか!まあホーローだし、オールオッケーですけど。その後何故か日本人が部屋に拉致られてきた。なんでも20日ほど前からインドに来ているらしく、カシミール地方の山の方で、ジプシー達と過ごしていたようだ。そして、ゴラというちょっとコワモテのおじちゃんのタクシーに乗ってアーグラーを目指した。コンノートプレイスを抜けて、約200キロの車のたび、色々な地元の生活の様子が見れて面白かった。夕方5時頃に無事アーグラーにつく。市街地を抜けて、タージマハールの目と鼻の先にある、ホテルアポロという所にチェックインする。日本語が喋れるオーナーのラジって兄ちゃんは少々ウザいが、何かといいヤツだ。これから晩ごはんを食べに行って来ます!

21:50

晩ごはんはホテルから車で数分の"HAWELI"ってところで食べました。今日はホーリーなので街のレストランがここしか開いていないらしく、ちょっと高いけど(まあそれでも日本の半額くらい)チキンカレーとナン、コーラをオーダー。料理が来るまで子供のタブラの演奏を聴いていた。チキンカレーはなかなか複雑なスパイスでめっちゃうまかった。店を出たらゴラがいない!どこ行ってんだ。数分待っていると、どこからともなく帰ってきたよ。明日はタージマハールを見に行きます。
タジマハールはでかかった
牛はどこにでもいる
3/5(Mon)19:35

今日は8時45分に起きた。タージマハールまで歩いて行ってみることにした。道を間違えて反対方向に行ってしまったが、リクシャーというチャリのタクシーみたいなのに乗ってやっと着いた。入場料750ルピーを払ってタージマハールの門をくぐる。何故かガイドがついてきてくれて、タージマハールの素晴らしさを説明してくれるのだが、喋るのが早すぎて半分くらいしかわからなかった。タージマハールは実際に見ると本当に大きく、ドカーンと鎮座していた。ホテルのチェックアウトの時間が近づいていたので、早々にガイドを切り上げてもらい、門を出たらそのままショップに連れて行かれたが、シカトして帰った。ガイドの名前はラーシットという青年で、なかなかいい奴だったので、チップを50ルピー程あげた。その後メシをホテルで食べ、チェックアウトをしてアーグラー城へ連れて行ってもらったのだが、入場料が微妙に高く、あまり興味も無かったので入らずに城の周りをぐるぐる廻って見た。その後トラベラーズチェックの両替とネットをやりにカフェに行き、メールを出した。そこでついでに友人へのお土産を買う。Mはカーマスートラのエロい本(日本語訳(誤植))を買ってた。うらやましい。そして一段落して駅に向かうハズが、ゴラはツンドラの駅に車を走らせた。何でよ。とりあえず今はツンドラでこの日記を書いている。途中、初海外旅行でインドに来ている日本人が着たが、彼も旅行会社に言い包められツアーを組まされてしまったらしい。これから先にバラナシに行き、ブッダガヤの方まで行きデリーから帰るらしい。自分らの列車は11時40分に着く。朝の7時にはバラナシだ!
オートリキシャーからの眺め
ガンガー沿いのガート群
3/6(Tue)19:25

朝、列車の窓から吹きぬける風で目を覚まし、サンドイッチを買って食べていると、程なくしてムガルサライ駅に着いた。そこからオートリクシャー等でバラナシに向かうわけだが、とりあえず列車の時刻表を購入。そしてオートリクシャーで出発!ラームナガル城の横の橋からバラナシ進入!ソナープラ通りのホテルサンシャインに泊まることにした。その後ガンガーを見に行こうと出かけるも、道が迷路の様で一向に辿り着けない!彷徨う事小一時間。ようやく上流の方のガートに到着。ガンガーはとても穏やかに流れていた。川岸には川で洗濯をする人、泳ぐ子供、沐浴する人、水浴びをする牛、水を飲む羊、様々な生き物がいた。その後、Mの金を両替しにチビっ子に声をかけて両替やニ連れて行ってもらったが、どうもかなりピンハネされたらしく1ドルあたり33ルピーしか貰えなかった模様。アウトー!その後メシを食って彷徨っていると訳の分からない場所に場所に再び迷い込む。ガンガーに行きたいだけなのに全然着かない。また小一時間は彷徨っただろうか。ようやくでかい道に出て、とりあえず太陽の方向に向かって反対側、つまり東へ歩いていくが、やはり着かない。結局近くの女の子に訊いてようやく辿り着くも、かなり下流の方に来ていた。マジでテンパりました。今はお菓子を買ってホテルでぐだぐだしています。明日は朝日を見にガンガーへ行き、列車のチケット買う!
ガンガーの夜明け
ケーダールガートにてお祈りをする人たち
エレクトロニックビッグバンド+MCの行進
3/7(Wed)〜3/8(Thu)09:50

昨日は朝から体を冷やしたらしく、下痢&熱が出て辛かった。朝にガンガーを見て、日の出を拝むも、腹痛であまりそれどころではなく、早々帰宅。トイレにかじりつく。その後昼前まで寝て、バラナシ駅まで列車のチケットを買いに行った。チケットは時刻表を見て調べていたので案外すんなり買えた。1094番バラナシ・ボンベイエクスプレス、13日11時40分初で、14日14時30分着の予定だ。その後自分は熱とゲリにうなされながら、1日中寝ていた。次の日の今日は体調も良くなり、下痢だけで何とかいけそうである。洗濯をして、これからネットカフェにでも行ってこようかな?

19:40

地球の歩き方に載っていたSONA's Shopというネットカフェでネットサーフィン。オカンや友人にメールを送り、ブログを更新する。その後日本料理や韓国料理も出すモナリザという店で昼メシにする。Mはカツ丼、自分は肉じゃが定食を頼んだが、両方似ても似つかない代物だった。しかしまぁうまかった。夜のガンガーはまた朝や昼に見るのとは違う面があり、面白い。夜はホテルの屋上のレストランでメシを食う。チキンビリヤーニは炒飯みたいでうまかった。

20:58

ゆっくりしているとどこからともなく音楽が、奇妙に思いつつもそのまま放置していると、段々近づいてくる。その瞬間いきなり爆発音が!何の騒ぎかと思い外を見るとエレクトリカルパレードよろしくビカビカ光ったビッグバンドが街を練り歩いている!!やばい!!一度通り去るも、数十分後再び襲来。しかも今度はビッグバンドに1MC+1キーボード(しかもカシオトーン)の乗った悪すぎるサウンドシステムカー(スピーカー12台)付き!!やばすぎる!!爆音で鳴り響くカシオキーボード!!完全にオーバーロードしていて極悪なメロディーライン!!そして渋すぎるMC!!何だったんだろう・・・。何か偉い人も一緒にパレードしていたので、その記念なのだろうか・・・。とにかく、やばすぎた。
バラナシの裏通り
踊る女子供たち
3/9(Fri)〜3/10(Sat)9:47

朝はいつも1杯のチャイからはじまる。この中に入っている生姜が疲れた胃にとても優しいのだ。昨日はすることも無く、靴下なぞを干していたら、昼になっていた。外国人がいつものレストランの席を占領していたので、自分らは日なたの席へ。熱い暑い厚い。何故かプランターの一角に緑の五本指が。美しい。しかしまずいだろこれ。それで小一時間ボーっとしてメシを食う。午後はまたガンガー散歩。この時間帯はインド人も少しダルそうでゆったりしていていい。結局ガンガーを歩きすぎてホテルからかなり遠い距離に来てしまい、帰りはリクシャーを使って帰った。迷うわ〜〜。晩ごはんもホテルのレストラン。昨日は1日3食ここだった。だってうまいんだもん!

19:00

で、今日。朝、大きい方を漏らしそうになって、初めてインドで野外デビュー。何かが目覚めそうになった。(嘘)その後トイレを借りてSonaの店に生き、Mが本を20ルピーで売る。ここは本の売り買いが出来て、おかげでSonaの店には沢山日本の本が売られている。その後ネットをして、カキコミして、昼にキムチラーメンをモナリザで食う。その後ホテルでぼーーっとしていたら外で何やらドンチャン騒ぎ。人が円を描いてその中心で女子供達が踊っている。インドは1日1回こういうよくわからない騒ぎ事が起きている気がする。すごい。夜はいつものレストラン。今日は何かウェイター(若い)がおめかしをしている。デートにでも行くのか?落ち着きが無い。興味をそそられる1シーンだった。


 0 3 / 1 1 〜 0 3 / 1 6 →


インド日記インデックス

トップ

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO